ブンゲイブ・ケイオンガクブ

本を読まない文芸部員と楽器を練習しない軽音楽部員のような感じのブログ。適当な創作・レビュー等々。

【随時更新】辞典

随時更新する辞典です。思いつきで随時更新されます(します)。 こういうの続けられないからなー自分。頑張ろう…。 (最終更新:2019.4.16 7:45) 新着更新項目:エレベーター、数える、悲しい歌、コシヒカリ

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(11/12 Reservations)

アルバム収録曲全11曲めのうちの11曲目、最終曲です。 open.spotify.com Yankee Hotel Foxtrot Wilco ロック ¥1600 Yankee Hotel Foxtrot アーティスト: Wilco 出版社/メーカー: Nonesuch 発売日: 2002/04/22 メディア: CD 購入: 4人 クリック: 41回 この商…

【コンサートキャンセル記念】マーク・コズレックの10曲

【『マーク・コズレック』公演中止のお知らせ】2019年5月に開催を予定しておりました「マーク・コズレック」公演を、アーティスト都合により中止とさせて頂きます。公演を心待ちにされていた方にはお詫び申し上げます。東京公演:2019年5月10日(金) #bblto…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(10/12 Poor Places)

いよいよこのアルバムもクライマックスになってきたなという10曲目。実質アルバムタイトル曲的なポジションになります。どういうことか。まあ聴けばわかるんですけども。この曲や次の曲(あと『I am Trying〜』とか『Radio Cure』とか『Ashes Of American Fla…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(9/12 Pot Kettle Black)

アルバム11曲のうちの9曲目。アルバム中でも割とゆるくポップな2曲を経て、アルバムの最終局面に向かって密やかに加速していくような、そんな曲です。このアルバムでも爽やか系な楽曲なのに、『War on War』並に毒気を持ってる感じがします。 ちなみにこの曲…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(8/12 I'm The Man Who Loves You)

アルバムも8曲目にして、聴いてると初めて「?」って思う曲。このポップながらマッドな音作りが随所に見られるこのアルバムにおいて「あれっ…?」って思ってしまうこの曲とはどういう曲なのか。 また、ここではこのアルバムに限らず、世に数ある名盤のなかで…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(7/12 Heavy Metal Drummer)

儚くも破滅的で痛々しくすらある前曲の雰囲気をまたも爽やかに打ち破って、このアルバムで最もポップなこの曲が始まっていく時のカタルシスが清々しい。11曲中の7曲目、このアルバムも後半戦に突入して、実に軽快に、そしてちょっとセンチメンタルに流れて…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(6/12 Ashes Of American Flags)

アルバム『Yankee Hotel Foxtrot』は11曲入りのアルバムであることから、6曲目のこの曲は丁度アルバムの折り返し地点にあたります。この曲も非常にこのアルバムの特性を代表している曲のひとつ。アルバム中の緊張感が非常に高まるポイントの一つでもあるのか…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(5/12 Jesus, Etc.)

Wilcoの代表曲のひとつ、おそらく筆頭になる曲でしょう。各会場で大合唱を引き起こすこの曲が、実際はこのアルバムでも最も物静かなナンバーであることは不思議な取り合わせだと思います。とても優美で、静謐で、そしてタイトルに直接「神」と出てきてしまう…

【昭和の日企画】昭和の名曲ベストテン

今日、平成31年4月29日は、平成で最後の「昭和の日」なのだそうです。平成が終わるのでこれからは「昭和の日」が無くなったりするんだろうか、そしたらゴールデンウィークは一体どうなってしまうんだろうか、という心配ばかりしています。 それはともかく、…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(4/12 War on War)

さあ、アルバム随一の人気曲のひとつ。アルバム的にもこの辺からちょっと確変入ってるっていうか、ここから4曲連続で、さりげなくありえない高みに行ってしまってると感じます*1。アルバム中でもとりわけさらっとしたこの曲が、どんだけ色々書くべきことが…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(3/12 Radio Cure)

全11曲入っているアルバムの、3曲目です。爽やかな前曲から一転、陰鬱で不穏な雰囲気を突如巻き散らかし始める、このアルバムの初心者キラーチックな曲。でも、この曲に良さを感じ始めてしまうとまた、このアルバムの良さが一段階深くなっていく、そんな感じ…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(2/12 Kamera)

全11曲入っているアルバムの、2曲目です。軽快な曲ですね。 open.spotify.com Yankee Hotel Foxtrot Wilco ロック ¥1600 Yankee Hotel Foxtrot アーティスト: Wilco 出版社/メーカー: Nonesuch 発売日: 2002/04/22 メディア: CD 購入: 4人 クリック: 41回 こ…

『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco(1/12 I Am Trying To Break Your Heart)

※この記事は一応、相当前にやった以下の記事の、1位を紹介する、いわゆるシリーズものの完結記事になる予定でした。 ystmokzk.hatenablog.jp ystmokzk.hatenablog.jp しかしながら、いつまで経っても書きたいことがまとまりやしないので、そこで、1曲ごとに…

平成の10枚

「おいおい、10枚って、平成は30年以上あるんだぜ?足りんだろーやめとけよ」 「…なあ、気持ちは分かったからさ、15枚くらいで手を打たないか?」 いいえ10枚のアルバムで平成語りをします。これから5月までに出る“平成最後の名盤”なんて知らない。…

ハイハット、ライド、その他鳴り物を延々と鳴らし続けることについて考えたこと

まずはじめに、自分はドラムセットの音が大好きな人間、TR808とかのドラムマシンやそれこそDTMとかで作り込んだゴリッゴリに極端で現代的なビートとかよりも遥かに、ドラムセットの音が大好きな人間なのだと思っていますが、その中でもどの部位が一番重要か…

GRAPEVINE各アルバム短評、他カップリング曲ベスト10等

長いキャリアと安定した品質、幅広い作風に奥深い世界観を有した日本屈指のロックバンド*1・GRAPEVINEの、3つくらいの記事の抱き合わせになります。 元々、最近ツイッターでやった各アルバム短評のツイート群を貼り付けてひとつの記事にしようかと思った*2…

(メモ的)#邦楽で10枚

ツイッターで9月頃にやってたやつのリサイクル記事です。ツイートまとめの代わりのようなものです。タイトルで10枚となっているのに上画像で9枚しか無いのは画像加工に使っているソフトの問題で、他意は無いです。 なお、そのうち「平成の邦楽◯◯枚」みた…

(宣伝)『くさったブルース』hasu-flower

私がやっておりますバンド、hasu-flowerのアルバムが出ましたので宣伝を。バンド録音です。9曲入って34分程度のようです。曲目は以下のとおり。 1.くさったブルース 2.キャリーバッグなんか持てない 3.かえるの女王 4.タンブルウィード 5.バナジウム温泉…

2018年の年間ベスト的なアルバム(後編)

(FF15はプレイしていません…画像とあと顛末が面白かったのでつい) 前回の続き。残りベスト15位→1位まで。 前回の前文(グチ)の続き。音楽を聴く環境の変化で、車とともに大きいのは、新譜を入手する方法がいよいよサブスクリプションサービス中心になってき…

2018年の年間ベスト的なアルバム(前編)

2018年は仕事がとにかく忙しかったです。4月から、鹿児島市内でもかなり南の、電車やバスでは通えないところに転勤になってしまって、車を買わないといけなくなって、そんな車じゃないと行けない海沿いの殺風景なところで、夜12時前後まで仕事をして家に帰…

『REBROADCAST』the pillows

REBROADCAST 通常盤 アーティスト: the pillows 出版社/メーカー: DELICIOUS LABEL 発売日: 2018/09/19 メディア: CD この商品を含むブログを見る www.youtube.comthe pillowsの今回の新譜がとても素晴らしい。 自分はthe pillowsの傑作として『Please Mr.Lo…

ヘヴィ・メタリックな音たち、ヘヴィ・メタリックなアルバムたち

確かに音楽ジャンルとしての「ヘヴィメタル」はあります。けれども同時に「メタリックな音」と呼ばれるタイプのサウンドというものもありますね。「メタル」つまり「金属質」ということで、どっちの意味でもおそらくは「メタリックである」ということではあ…

“ローファイ”とは結局なんなんだ

Lo-Fi(Low-Fidelity、Lo-Fi music)とは、音楽のレコーディングの際の録音状態、録音技巧の一つで、極端に高音質なものではない録音環境を志向する価値観。転じて、そうした要素を持った音楽自体を表す言葉。対義語はHi-Fi。 —Wikipedia『Lo-Fi』より なの…

ギターロック10選(後編)

(前編・後編ともにトップ画像のギターがジャズマスターなのは仕様です) 後編です。10選のうち6〜10番目。正直ギターロックとオルタナティブロックと何が違うのか分からなくなってくるラインナップだと書いてて思いました…。せめてシンセとかが入って無…

ギターロック10選(前編)

そもそもギターロックとは何ぞや。検索してもWikipediaの記事すら出てこない。大体ロックという音楽はギターを使うのが普通なんだからロックは概ねギターロックなんじゃないのか。それにギターロックが創造的だった時代なんてとうに終わってしまって今やR&B…

SONIC MANIAで観たMy Bloody Valentineがすごかったこと

今年はサマソニ本編には行かず前夜祭のはずのSONIC MANIAだけ行きました。メンツがずりーよ。 鹿児島から幕張メッセまで車で行ったのですが、それはまた別の機会に話すとして、ともかくこのときに観たマイブラが、ちょっと想定してたのとは全然違う感じに、…

2018年前半で聴いた音楽(後編)

後編です。「前半で聴いた音楽・後編」って前後どっちだよっていう。 ハンターハンターは今年中にもう1回くらい再開しますかね…?王子達の描写が増えてきた話進む!と思ったら突如大量に新勢力出てきたときはアホかと思ったけど果たして…。 あと、ジャケの写…

2018年前半で聴いた音楽(前編)

2018年も結構経ってました。どうにも4月からの仕事場が変わってからというもの忙しいしどこか消耗が激しいのかすぐ寝るし元気が出ない。今は関東にて研修中という形で仕事や鹿児島から離れているからかなんとか多少元気な時間が出来たのでブログを久々に更新…

『In Colors』ART-SCHOOL

ART-SCHOOLのニューアルバムがリリースされました。 In Colors アーティスト: ART-SCHOOL 出版社/メーカー: Warszawa-Label/UK.PROJECT 発売日: 2018/03/07 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 発売されて1週間以上が経ちましたが、今回かなり…