読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブンゲイブ・ケイオンガクブ

本を読まない文芸部員と楽器を練習しない軽音楽部員のような感じのブログ。適当な創作・レビュー等々。

【さ】サーチライト / 筋肉少女帯

音楽-テーマもの

あいうえおシリーズ。
「さ」ということは、第11回目ですね。

あえてニコニコ動画の方を。


自分はレビューとかを書くとき、なかなかいきなり自分の思ったとおりに書けるタイプではなく、とりあえずレビューする作品で検索して、他の先駆者の方々のレビューを手の届く範囲でざらーっと読んだ上で、ああなんか書こうかなあよっこらせ、っという感じのタイプなんですが、今回もそれで検索して色々観てたら、今回のこの曲が入ってるアルバムを既に自分は前のブログでレビューしてましたね…。最近こういうの結構あるから恥ずかしいやらすっかり忘れてたりでつらいやら。

自分の前ブログのレビューにもあるとおり、このアルバムは前半がやたら緊張感ある力作揃いで、後半から急に脱力したポップソングが続くという、割とあからさまに“そういう構造”になってるようなアルバムなのですが、この前半でバンドの集中力を燃やし尽くしたようなアルバムの、その燃やし尽くしポイントが今回のこの曲なんです。

CD入手したらとりあえずパソコンにインポート世代だったら、インポートする際に各曲の名前と、あと演奏時間とかを見ることになると思います。そのときにこのアルバムは何曲入りで、そしてこの曲とこの曲がなんか尺長いな、アーティストのオナニー垂れ流し壮大プログレソングか?とか思ったりする訳です。するんです。する人もいるんですよ。「いちいちそんなん見ません」とか人の話の出鼻をくじかないで…。

で、この曲。明らかに突出している。なにせ9分もありますから。今自分のitunesを見る限りだと筋少の曲で最長。『いくじなし』(『SISTER STRAWBERRY』収録)の方が長いかなーとか思ったけど微妙な差でそんなことなかった。アルバム的には、筋少史上でも最高水準にハードで感情的なメタルソングが3曲続いたあとにこれが来るので、そこまでで既にお腹一杯気味なところにこの曲が執拗でどっしりした腹パンでとどめを刺しに来るような構成。ゲボが出るぜ。

さて、そんなポジションのこの曲が所謂“アーティストのオナニー系壮大プログレソング”なのかというと、半分そうだと言ってもいいかもしれない。いいやむしろ、この曲ほどの壮絶なオナニーソングが他にあるだろうか!?どういうことだろうか。

冒頭の「照射!」の連呼だけで既にこの曲の異様さは香ってくる。そこからの90年代後半ラウドロックの匂いもあるハードファンクな演奏をバックに始まる少年少女+おっさん合唱団という風情によるタイトルを含んだテーマ部の合唱は昭和のヒーローもののような凛々しいメロディで、この後のオーケンの脆弱で壮絶な語りのような、叫びのような歌唱と好対照を成す。

筋肉少女帯の、というか大槻ケンヂの歌にはいくつかの特性がある。二つ取り上げるとすれば、ひとつは楽曲中の総ての曲構造的な仕掛けや演奏が、歌の歌詞の印象を高める目的のために機能させられてしまうこと。この曲における機械のような鈍重なリズムや所々で浮かんでくるヒステリックなアコギやエレキの唸り高鳴りは、または次第に歌唱の展開が増えていくという巧みな曲構成は、まさにこの特性の最たるもので、総てをオーケンのこの曲における作家性のために捧げきっている。

そしていまひとつの特性、筋少の歌の排他性、とでも言えばいいのか。その歌詞の独特かつ毒々しくも朗々と歌われる怪しさと残酷さと虚しさのブレンドされた世界観に没入しすぎると、他のアーティストの普通な風景の歌詞が聴けなくなってしまうという特性。筋少は用法容量(アルバム一枚通してだけでも十分危険では…)を守って聴かないと、結構冗談抜きで健全なリスニング環境の妨げになるのでは…と思ってしまうことがある(そこまで濃厚なものを作れるオーケンの作家性な)。

そんな中毒的な特性のうちでも、この曲の効き目は格別だ。ただそれは、ある程度オーケンの作風に触れた、耽溺した上でこそ最高最悪の効果を発生させる。それはこの曲自体の楽屋ネタ・メタ構造、というかかつてないほどに過剰な自己言及性によるもの。

やあ!詩人/最近なんだかマトモだなあ? 
 やあ!詩人/随分普通のこと言うなあ? 
 やあ!詩人/奇をてらったりしないのかい? 
 やあ!詩人/世の中すねてる歳でもないかい?

なんか賞でも欲しいのかい?あんた何様のつもりだい?

サーチライトのつもりかい? 
 サーチライトのつもりかい? 
 サーチライトのつもりかい? 
 サーチライトのつもりかい? 

以下、野暮な解説を。
この曲でのオーケンは結局、自分の歌唱部分ではほぼ自己言及しかしていない。ここで彼は自身を「マトモじゃない詩を沢山書いて、その為に評価されたり、他人を救ったりする人物、というか詩人」と認識の上で、執拗な攻撃を加えていく。「普通になっちまったなあお前!」みたいな方面からのディスは、これは前々作『レティクル座妄想』でまさにピークを迎える筋少の退廃的・悪夢的な世界観の歩みを経た上で、今作の悲惨でありながらも比較的逞しく他者に何かしてあげようとする彼のスタンスを踏まえてあるのだろうか。

いや、ちがう/我々が思うほど/この世界は
 哀しくプログラムされちゃいない
 何より/もうこれ以上君の周りに/不幸の存在を
 俺は認めない
」 (『小さな恋のメロディ』)

うんざりするほどの絶望を振りまきながら最後に“それでも”な救いを掲げる、という作品構造はまま見られる形式であり、感動的であり、同アルバム収録の上記『小さな〜』もその構造を高い水準で構築した曲である。であるが、それを彼は攻撃・自嘲する。

そして、そのような作品を作ってしまう自分の動機に、彼は踏み込む。「なんか賞でも欲しいのかい!?」という俗物根性を用意する。しかし、『レティクル座〜』みたいなアルバムをさえ作り挙句自身が鬱病になってしまう程の創作をする目的の重みは、そんな動機だけで背負いきれるものではない(この一文読みづらいな…)。

そして彼は、この曲中間部の、演奏が凪いだ辺りから始まる“語り”、稀に見る長さの語りで、その“業”な部分に手を伸ばす。ある意味身も蓋もない、こっ恥ずかしくもなりそうな、創作の秘密を。

ここでぼくは筆を置かねばならない。このオーケン一世一代の大演説を歌詞を掲載していちいち解説するのは、いくら愚かなぼくでも愚かすぎることだもの。ただ、ここにこそ筋少の、大槻ケンヂの情けなくも感動的な要素の根源が秘められていることは間違いない。まあそんなこと、こんな拙い文章を読まなくても、ファンの方々はとっくにみんな知っていると思うけれど。。。またはある種の使命感みたいなのでもって創作してる人とか。

語り終えた後、元の演奏に戻ってより強烈に、抉るように歌唱する彼の姿。身をすり減らすことを突き詰めたことでよりその消耗の度を加速させたかのようなこの壮絶さは、決してボーカリストとして天性に恵まれた訳でもない彼にしか成し遂げられない類の歌唱の最たるものだ。

I'm fallin' fallin' fallin'/君は救ってくれるのかな?
 (『foolish』ART-SCHOOL

突然、オーケンとはおよそ関係なさそうなアートスクールの歌詞を引用した訳だが、たとえばこういう問いかけがあるとして、そこで本気で、なけなしの屁理屈でもって救おうとするのが、詰まるところ大槻ケンヂの作家性の一端なのだ、ということ。『レティクル〜』辺りでどん底った前後に彼が、おそらくそれによって自分も救われるために、編み出した術のこと。

香菜、君の頭僕がよくしてあげよう
 香菜、生きることに君がおびえぬように
 香菜、明日 君を図書館へ連れていこう
 香菜、泣ける本を 君に選んであげよう
 香菜、いつか恋も終わりが来るのだから
 香菜、一人ででも生きていけるように

 (『香菜、頭をよくしてあげよう』)

この後彼が彼の別バンド特撮や『さよなら絶望先生』各主題歌等も含めた諸作品で、妙に身近で閉塞したシチュエーションと対置させ拮抗させる(しょっちゅう負ける)この類のヒロイズムこそ、彼の祈りなんだということ。そういうことなんです。そこを「現実は厳しい。なんだかんだで救おうとするオーケンは甘え」とか「オーケンの歌詞に救われるような奴はクズ」とか言って冷笑するだけの厭な人間には、死んでもなりたくないな。


この、結果わけ分かんなくなっちゃった文章の最後にひとつ。結論を「祈り」で文章を締めるとそれっぽく感動的になりますよ。ね。

愛は祈りだ。僕は祈る。
 (『好き好き大好き超愛してる舞城王太郎

創作の秘密をぼくらの手に。レビューの機能・野望のひとつはその辺りにあるのかもしれません。

キラキラと輝くもの
キラキラと輝くもの
posted with amazlet at 16.09.19
筋肉少女帯
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント (1996-12-09)
売り上げランキング: 7,392
レティクル座妄想
レティクル座妄想
posted with amazlet at 16.09.19
筋肉少女帯
MCAビクター (1994-04-21)
売り上げランキング: 15,261
好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)
舞城 王太郎
講談社
売り上げランキング: 35,667