ブンゲイブ・ケイオンガクブ

本を読まない文芸部員と楽器を練習しない軽音楽部員のような感じのブログ。適当な創作・レビュー等々。

【随時更新】辞典

随時更新する辞典です。思いつきで随時更新されます(します)。

こういうの続けられないからなー自分。頑張ろう…。

(最終更新:2018.10.8 21:56)

新着更新項目:インディーロック、カップまぜそば、新東名自動車道、ソニカハンターハンターをネカフェで読み返す行為、ブラックアウト、フォネティックコード

続きを読む

GRAPEVINE各アルバム短評、他カップリング曲ベスト10等

f:id:ystmokzk:20190105171326j:plain

 長いキャリアと安定した品質、幅広い作風に奥深い世界観を有した日本屈指のロックバンド*1GRAPEVINEの、3つくらいの記事の抱き合わせになります。

 元々、最近ツイッターでやった各アルバム短評のツイート群を貼り付けてひとつの記事にしようかと思った*2のですが、それだけだとなんだか勿体ない気がしたので、2つくらい別の企画を加えた、以下目次のとおりの3本立てでお送りします。

 

*1:なんかNHKのドキュメント番組か何かの紹介文みたいになってしまった

*2:元々仕事に行きたくない朝に気分紛らわしで始めたけれども、ツイッターでやってしまうとその性質上、後に残りにくいのが難点だなあ、と思って、前回の記事もそうだけども、纏めようかなと思った

続きを読む

(メモ的)#邦楽で10枚

 

f:id:ystmokzk:20190104002231j:plain


 ツイッターで9月頃にやってたやつのリサイクル記事です。ツイートまとめの代わりのようなものです。タイトルで10枚となっているのに上画像で9枚しか無いのは画像加工に使っているソフトの問題で、他意は無いです。

 なお、そのうち「平成の邦楽◯◯枚」みたいな平成の終わり感のある記事を書こうと思っているのですが、この9月にやったときのこの10枚もどのみち平成年間にガッツ裏含まれたものなのでアレです。ただまあ改まって「平成」となるとチョイスも変わってくるのかなと思うので、この記事はそれへの布石ということにしておいてください。

 以下はほぼ全て、9月に投稿したツイートの収拾のみです。

 

続きを読む

(宣伝)『くさったブルース』hasu-flower

f:id:ystmokzk:20190103200340j:plain

 私がやっておりますバンド、hasu-flowerのアルバムが出ましたので宣伝を。バンド録音です。9曲入って34分程度のようです。曲目は以下のとおり。

 

1.くさったブルース

2.キャリーバッグなんか持てない

3.かえるの女王

4.タンブルウィード

5.バナジウム温泉キット

6.バニーガール・レプリカント

7.ドリフト No.19

8.ヒヨスコースト・リマインダー

9.インディゴブルー

 

 一昨年に録音までして、色々あって放ったらかしになってしまって、この度ようやく出ました。Bandcamp(投げ銭)やらサブスクやらありますので良かったら聴いてみてください。Bandcampの方はブックレットが付属しています。今のところCDで出す予定はありません。

 

open.spotify.com

 PVも撮りました。

(撮ってもらいました。撮影・編集は福岡のバンド・NYAIのギターボーカルのTAKUMAさん)

www.youtube.com

また、リリースしたから、という訳でもないのですが、とても久しぶりにライブをします。福岡でやるので、お近くの方はぜひ来てください。以下ライブハウスHPよりコピペ。

Sound Without Equal

2019 01/20(Sun)

CAST
SiMoN / THE SHITMS / sea’s line / hasu-flower / フアリナ

OPEN/START
18:30/19:00
ADV/DOOR
2,000/2,500 (ドリンク別)
TICKET
UTERO予約

 

続きを読む

2018年の年間ベスト的なアルバム(後編)

f:id:ystmokzk:20181229143900j:plain

(FF15はプレイしていません…画像とあと顛末が面白かったのでつい)

 前回の続き。残りベスト15位→1位まで。

 前回の前文(グチ)の続き。音楽を聴く環境の変化で、車とともに大きいのは、新譜を入手する方法がいよいよサブスクリプションサービス中心になってきたこと。これの難しいこととして、自分はApple Musicを利用しているけれども、なんでもApple Musicを利用し始めると、そのデバイスに同居するitunesの音楽との併用が上手くできなくなることがあるとかいう。それを解決する方法もきっとあるんだろうけれど、よく調べもせずにいる結果、「Apple Musicで取った音楽はiphoneのみで聴く。その他はPCやipod touchで聴く」という分かれ方になってしまった。

 つまり、手持ちの音楽全てをひとつのデバイスで聴けなくなってしまった。これは特に今回みたいな年間ベスト記事を書くときに面倒くさくて、いちいち家のスピーカーの端子をPCとiphoneとに繋ぎ換えて、聴きたい音源を流している。この作業もよく考えれば、Bluetoothスピーカーとかを導入すればこんなことせずに済んで良かったんだよなあ、とか思うけれど、4月の引っ越しの際に前使ってたスピーカーがいよいよ壊れたので買い直した際も、旧態的な有線スピーカーを買ってしまった。

 いちいち選択が賢くない。車のナビも、Bluetoothに換えればもっと音楽が聴きやすくなるかもしれないけれども、しかしそういう変化はどうにも面倒くさくて、結局現状をだらしなく続けている。意識が低いんだと思う。合理的に考える頭を持てていないんだと思う。このまま死ぬまでこんな感じかと思うと憂鬱なので、どっかでちゃんとしないといけないと思うけれども、とにもかくにも生活がつらくてさみしくてつらい。

 バンド活動も、以上も含んだようなグダグダさで、色んな迷惑をかけてしまったし、お世辞にも上手くいっているとは言えない状況で、情けなさとしんどさばかりが積み重なってる。こっちは自分だけの問題じゃないのだから、もっとちゃんとしないといけない。優先度はこんな世間的にくだらないだろう年間ベストなんかよりも遥かにずっと高いはず。頑張らないといけない。頑張っていきたい。先日どうにか苦し紛れに出した音源よりも、ずっとずっといい曲を自分はいくつも持っている。せめてこれらを世に出さないことには、自分は死にたくない。頑張らないといけない。年明けにちゃんと出した音源のストリーミング始まるかな。地味に不安だ。。。Tunecoreでちゃんとお金払ってやったんだからきっと大丈夫だよね…?本当はもっと早くにストリーミング配信されるはずだったのに、あっちのサービスは一体どうなってるんだ。

 

 幾らでも愚痴や自虐は書き連ねられるけれどもキリがないと気付いたので、残りの年間ベストを書いていきます。

 

続きを読む

2018年の年間ベスト的なアルバム(前編)

f:id:ystmokzk:20181229111745j:plain

 2018年は仕事がとにかく忙しかったです。4月から、鹿児島市内でもかなり南の、電車やバスでは通えないところに転勤になってしまって、車を買わないといけなくなって、そんな車じゃないと行けない海沿いの殺風景なところで、夜12時前後まで仕事をして家に帰って寝てつぎの朝にまた車に乗って殺風景なところに行く生活は、ひたすら日常生活に使う分の精神を削られまくっていく思いがしました。というかまだしばらく、下手するともう数年はこのような生活かもなのでもう大概しんどいのです。

 

 車を買ってしまったことで、電車やバス、場合によっては飛行機さえ乗る機会が減りました。そうなってくると、車買う以前と較べて音楽の聴き方もかなり大きく変わりました。音楽聴く時間の大半が車に乗ってる時間になりました。イヤホンを使うことが相当減って、また上記のとおりの勤務状況のため必然的に家で音楽鑑賞する時間も減りました。

 

 車で福岡や他の遠いところに行く際の音楽鑑賞における問題が「新譜を車で流しても数十分で終わってしまい、高速道路走行中では次の音楽への切り替えもサービスエリアに入らないことにはままならない」ことでした。これはおそらく解決方法はあるんだと思いますが、しかしそれを調べずに、高速利用時用の旧譜の長尺プレイリストを組んでばかりいたので、それによって新譜を聴く時間が相当減ってしまいました。

 

 リスニング環境にかかる今年のもうひとつの問題ごとについては、後半で述べます。

 

 そんな状況ですが、どうにか例年どおり30枚選んで、順番を付けてみました。例年どおり、「ロック」と括られてしまうタイプの音楽にばかり偏った、イマ感のないつまらないかもしれないラインナップですが、公開していきます。

 

続きを読む

『REBROADCAST』the pillows

REBROADCAST 通常盤

REBROADCAST 通常盤

 

www.youtube.comthe pillowsの今回の新譜がとても素晴らしい。

自分はthe pillowsの傑作として『Please Mr.Lostman*1『HAPPY BIVOUAC』*2『Thank you, my twilight』*3『トライアル』*4といったアルバムを挙げるけど、今作はそれらと同等の非常に高いレベルの何かを感じれてグッと来るので、何がいいのか見ていきましょう。

 

*1:収録シングルのクオリティが高すぎるし、結果的にこのアルバムっぽい作風ってこのアルバムにしかないし、意外とそういう点で貴重なアルバムと思う

*2:「(元の言葉の意味どおりでなく、スタイルとしての90年代オルタナを想定した上での)オルタナティブロックとはどういうものですか?」という問いにスパッと答えられるアルバムのひとつだと思います

*3:このアルバムの結構思い切った録音方針(ギターを真鍋さんが全部録音する、シンセを多用する、とか)がかなり好きだったので、近年のフリクリ再録の際にさわお氏本人から「特に『Thank you〜』の頃の作品はスケジュール等の都合もあって満足な録音じゃなかったから、今回再録できて嬉しい」みたいなことを言ってたのはなんか、本人的にはそうかもだけど、ちょっと寂しかった

*4:これが出たときも今回と同じくらい衝撃が大きかった。最近では「the pillowsの歴史上でもとりわけダークで、そして山中ソロ的なエモーショナル度合いの高いアルバム」という位置づけになっている模様

続きを読む